Concert Taiko et danse japonaise à la Japan Expo 2012 bon odori Tokyo Concert Taiko et danse japonaise à la Japan Expo 2012 Awa Odori Tokyo Mitaka
Wake up Drums !

"Wake Up !"世界中に和太鼓が響き渡る。
一人一人がクリアーな意識を持って、より良い世界を作り出すために。

来年の開催週間 : 2017年6月3日 !

参加要項はこちらクリック

This year : Argentina, Belgium, France, Germany, Italy, Japan, Netherland, Spain, Singapore, South Africa, USA.

11 countries, 4 continents ! The Taiko chain exist !

  • PNG - 92.8 kb

The 2013 video !

イベント紹介

プラネタリーウィーク開催に際して、2017年6月3日、各国の和太鼓の団体総勢で太鼓をどーんと3回打ち鳴らします。
この3つの音は、目を覚まし、今日に置ける現実をしっかり意識するためのものです。
この3つの音を通して、70億人の人類それぞれが前向きで建設的なイニシアティブを自分のために、家族のために、友達そして同僚のために取ることを提案しています。

2017年6月3日現地時間の午後1時、各参加国内で太鼓の音が3回鳴り響きます。 この3つの音は人類の今すぐ行動する必要性を目覚めさせるためのものです。

  • PNG - 111.7 kb


プラネタリーウィークplanetary weekに加担するこのイニシアティブは、パリを拠点とする和太鼓と踊りの学校、繋太鼓センターによって始められたものです。

2017年6月3日午後1時、繋太鼓センターはパリにて3つの音を鳴り響かせます。その後、集まった聴衆のためにコンサートを行います。
また世界中の太鼓グループが現地時間の13時に3つの音を鳴り響かせます。
この3つの音は全国レベルのあらゆる手段(ラジオ、ニュース等)を用いて、直接放送されます。また、インターネット上にて全ての参加国の和太鼓団体のアクションをまとめて発表します。

この運動の核心はメディアを通して人々の興味をひき、行動する必要に目覚めさせ、各々個人レベル及び仕事レベルでの自分の今ある立場からの行動を促す事にあります。
そして、自分のため、家族のため、他人のため、地球のために、出来る範囲内の行動を起こすことにあります。
_例えば親戚や家族との関係を良好にする、自分の時間を少しだけ取る、企業やNGO,NPO内でのイニシアティブを発展させるなど、建設的な行動を起こすきっかけ作りのねらいがあります。

プラネタリーウィークって何?

  • PNG - 265.3 kb


(http://www.the-planetary-week.org/)
プラネタリーウィーク、より良い世界のためにとはオリジナリティあふれる、地球規模にチャレンジしたプロジェクトです。毎年5大陸をまたいで行われ、今年は2017年6月3日から12日の期間開催されます。
このウィークの間、企業、民間団体、教育及び健康等に関する全ての機関そして市民が、この地球上で質の高い人生を作って行くためにイニシアティブ及び決心を起こす事を推奨しています。
このウィークの目的は人間の基本的かつ本質的な必要をリスペクトし、満足させることにあります。以下の7つの「倫理的原理」をリスペクトしていきます。

全ての人の健康と安全、バランスの取れた幸せな状態、人としての尊厳、つまはじきをしない同和、知識へのアクセス、自己実現、質の高いプロジェクトの実現。

この倫理的原理は7つ全てをを同時にまた上下無くリスペクトする必要があります。

繋太鼓センターとは

Logo web-email fond transparent {PNG}
繋太鼓センターはパリに拠点を置く、和太鼓と踊りの学校です。この学校は人々ののヴァイタリティー(生命力)及びWell-being(人間が存在する上で、健康で幸福で繁栄できる状態)の発展を促すことにアプローチしています。

日本において、和太鼓や各地域の伝統的踊りは、大衆の力強い生命力の表現であり、戦後の大変な時期に大きな発展を遂げました。これらの芸術は物事を変え、より良い世界へと向う勇気を与えてくれるものです。 繋太鼓センターの創立者、コラ・ボナン、米村鮎子は日本の大衆芸能を通して、喜びを分かち合い、生の体験を提案しています。

  • JPEG - 424.4 kb
  • Concert de Taiko aux Jardins de Valloires. Photo Mié SUDO

彼らは今日の現実において、ストレス、鬱、増えて行く病気、環境破壊をふまえて、各々がヴァイタリティー及び生きる喜びを成長させるのを提案することが重要だと見なしています。そして最高のコンディションを自分ためのみならず他人も含めてつくっていくことを考えています。

詳細またはインタビューをお求めの方は、繋太鼓センター創立者及び"ドーン Wake up"の企画者コラ・ボナンあるいは米村鮎子までご連絡ください。

contact tsunagari-taiko-center.com
33.(0)9.81.63.08.93
プラネタリーウィークの詳細に関してはHPをご参照ください : http://www.the-planetary-week.org/

Semaine de cours d’essai. 11 au 15 juillet